高校生である自分、どこかの元部長が趣味の鉄道のことや、日々の生活を書いていくページです。 なるべく更新は多くするので、お願いします! (勉強しろ?いや…そればっかりやってても〔殴〕)
どこかの元部長の 気分で作る!(ぇ)鉄道日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
またまたまたまた…
2008-12-16-Tue  CATEGORY: 鉄道雑談
こうやってやると「たまたま…」にも見えちゃうな(ぁ
なにがまたまた…かというと
これですこれ!!
何枚目だろ(・∀・;)
やっぱり左はかわらないんだなw
もらっちゃいました(・∀・;)
いや、やっぱ嬉しいですねwwwww
こうやって記念カードがどんどん溜まっていきます♪
本当に感謝多謝です(≧▽≦)
でも、卒業まであと少し…orz
みんなと別れてしまうんですよねorz


あと、「MLえちご」が廃止とかいう情報がニュースになっています
消えゆく夜行列車…自分たちの子供が「夜はまったくもって電車は走っていない」と思ってしまう日が来てしまうのでしょうか…
でわ!!
トラックバック0 コメント1
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
コメント豊田本町→160 | URL | 2008-12-19-Fri 23:26 [編集]
卒業近しか…
でもね、そういうけれど切れないものが人の縁。
連絡が取り合えるなら、取ればいい。
どんなに大変でも支えあっていけるのが人。
人と人との縁は、切っても切れないものです。
突然に切れてしまうことはありますが、
本心で簡単に絆が消えるほど、人はもろくないです。
僕はクラスが好きですよ。
学年が好きです。
保育園から一緒な人、小学校から一緒な人、中学校から一緒の人、中には転校生や、病気でよく休む人、担任の先生も。
誰一人、僕の頭からは消えないんですよ。一生。
あなたとて同じ。クラスメートじゃんか。
クラスが一体となった瞬間は、数え切れないはず。
ひとりでも欠けたら最後。
病気だって事故だって、事件だって。
欠けることがあったなら、そこで、僕の人生は一時くらいものとなる。
ポッカリと空いた心の穴を埋めるのには時間がかかる。
だから、僕にはクラスの人間が、一緒に笑った仲間が、少ない時間でも同じ空間で過ごした仲間が必要なんだ。
卒業は、たしかに人生の一節でしょう。
でも、そんなに大きいものじゃないはずです。
友達を作るのはなんでか。
そんなの、人生が楽しいものであるための一つのあがきですよ。
何で生まれてきたかでなく、誰かの人生をどう変えるかについて考えたとき、真の人間が見えるはず。
運命は残酷。でも、時間と違って、待ってくれる。
変えられる人生。
今のうちに、より多くの人に声をかけましょう。
より多くの人に年賀状を出しましょう。
それで、人生の明るさは、わずかながら変わるでしょう。
残念だけど、僕は友達の多い人間じゃない。
人生を楽しく生きる努力をしなかったから。
自己を貫こうとしたから。
人に声をかけるのが苦手だから。
長所もないし、とりえもないから。
…でも、今はある程度の努力をしている。
今のクラスで、僕は浮いてないと思う。
1年生からいえば、キャラは変わったよ。
開放的にしてみたの。
なんでかって。
人の心に自分を残すためだよ。
どんな人物像であれ、それだけで自分が生きた証は残される。
写真をとっても、授業を受けても、友達と遊んでも、僕はかならず、その日に生きた証にしてるよ。
人の心で生きている。
人とつながっている。
人と共に今を生きてる。
それだけでも充実してるよ。
そう考えてみれば、僕は一年生、とても退屈に生きていた。
小学校の日々も、ほとんど心に残っていない。
だって。
自分を残す努力をしなかったから。
つまりね、僕は別れを惜しむ人間になったわけ。
おたがいが悲しく思えるような人間に。
道徳はないかもしれないし、めちゃくちゃな人間かもしれないけど、友達として、仲間として、最後に贈るべき言葉はやっぱり、

         ありがとう

君に贈る、
そして、仲間に、クラスに。先生に。
僕が確実にとどけたい。
のこさず、伝えて。
 いままで、ありがとう         
不器用な人だって、
「ケッ、お前との思い出…楽しすぎて忘れられないじゃないかよ」くらいいえるはず。

そういうことだよ。元部長さん。
長々と失礼しました
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 どこかの元部長の 気分で作る!(ぇ)鉄道日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。