高校生である自分、どこかの元部長が趣味の鉄道のことや、日々の生活を書いていくページです。 なるべく更新は多くするので、お願いします! (勉強しろ?いや…そればっかりやってても〔殴〕)
どこかの元部長の 気分で作る!(ぇ)鉄道日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんなことって…
2008-08-19-Tue  CATEGORY: 日常の雑談
あるんだ…って言うほど衝撃ものです(=_=;;)
僕は、科学部に所属していて、今日は、部活で、かの有名(?)なペットボトルロケットを飛ばしたんですけど…
一年生がロケットに空気を入れて、飛ばした瞬間に
パーン!!!
でぇらい大きな爆発音が…(ぁ
よく見ると目の前にはペットボトルとは到底思えない赤い破片が…
何が破裂した…と思ったら…
空気入れが破裂してる∑( ̄□ ̄;;)
(・。・;;;
(=_=;;;;;
マジかよorz
以上!大人でも普通経験したこと無いものを経験してしまったどこかの元部長でした(滝汗
トラックバック0 コメント5
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
No title
コメント豊田本町→160 | URL | 2008-08-20-Wed 21:32 [編集]
空気入れの破裂という事は少々察しがついていましたが、一年生のMくんに聞くまでは確実ではありませんでした。
多分ですが、
ロケットを設置する際に中の空気の入り具合が通常よりも多く、その上ロケットをつけた際に空気の抜け道が完全に失われてしまった(ペットボトルは筒状で長いですし、中にたまってしまいますね)
その上で気圧を加えてしまえば、6気圧まで耐えられるペットボトルは当然破裂せずに、空気入れの方がペットボトルと水の両方の重量とともに負
担してしまった…というのが一つの説です。

もう一つ、これはよくあるかもですが、
ペットボトル内にあった炭酸性の液体(気付かないほどの水滴など)が、かけられた圧力に対抗できずに収縮・蒸発・膨張し、ペットボトル内にたまってしまった(水滴は蒸発して、炭酸および二酸化炭素となってますから、残りません。)ため、逃げた期気体が気圧に耐えられずにアウト、という説です。
この説は、空気が膨張した際に気温も一時的に下がるという効果で空気入れがあると思わしき下のほうへ降りていったという考えのもとですが、十分考えられます。

しかし、記事にかかれたような大きな破裂音は、よほどの圧力が同時にかからないと起こりえないので、おそらくやるき満々だったのでしょう。

それから、もしも破裂したのがペットボトルだったとしたら、多くは風の抵抗や空気の抵抗に負けてしまいますから、近くで散ってしまうか、その軽さゆえにかなりの距離を舞うかのどちらかですね。

空気入れの破裂の経験は、おそらく一般の人にはないでしょうね。
今回の事件は、あくまでペットボトルだったから起ったんですよ。
それほどの耐久力がないと、空気入れはたえてしまいますよ。
僕の身近には、自転車のタイヤを破裂させた人がいますよ。
硬いゴムの耐久力はたいしたことはないですからね。

という勝手な机上の空論です。
コメントどこかの元部長 | URL | 2008-08-20-Wed 23:25 [編集]
起こした本人は相当やる気マンマンでした…
んで、気圧のことなのですが、自分も空気入れについている気圧計の単位をはっきり覚えていないのですが、多分単位は「気圧」だと思うので…
仮定すると…
13気圧行ってます(滝汗)

原因ですか…僕は大して考えてないんですけど
僕の先生は「空気入れがプラスチックだから弱すぎる」で一件落着しました(ぉぃ
訂正です
コメントどこかの元部長 | URL | 2008-08-21-Thu 22:36 [編集]
単位「kPa」でした(汗)
No title
コメント豊田本町→160 | URL | 2008-09-03-Wed 16:52 [編集]
プラスチックだからですか…
たしかに(笑)
金属の方が…まぁ…ねぇ
とはいえ・・・
コメントどこかの元部長 | URL | 2008-09-03-Wed 18:35 [編集]
破裂は…ねぇ…(ぉぃ
トラックバック
TB*URL


Copyright © 2017 どこかの元部長の 気分で作る!(ぇ)鉄道日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。